クーラーの代わりになる冷房器具10選!クーラーの取り付けられない部屋にもぴったり!電気代の目安も紹介します!

ここ数年、猛暑日と呼ばれる日が続き、クーラーは必需品となってきました。

ですが、さまざまな場所でクーラーが使われる様になって、「ちょっと寒い」と感じる場面(シーン)も増えてきています。

外出先では仕方ないですが、身体を休める「自宅や車内」では、身体にあった冷房器具を使いたいですよね。

クーラーの風が冷たくて身体が冷える

クーラーを購入するにも、ちょっと大変

光熱費が心配

というお悩みがあると思います。

また、住む部屋によってはクーラーを取り付けることができないといってケースもあります。

そんな方に向けて、今回はクーラーの代わりになる家電・冷房器具や、気になる価格帯や電気料金を比較してご紹介します。

クーラーの変わりになる家電・冷房器具をご紹介

夏の暑さは、年々厳しさを増してきていますね。

「熱中症対策」に、クーラーの導入はとても有効ですが、購入費用や家の設備面(コンセントの増設やW数の増加工事)でも導入をためらうご家庭も多いと思います。

クーラーは確かに、とても部屋を涼しくしてくれるので「熱中症対策」にはとても有効ですね。

ですが、「クーラーの冷たさが身体に合わなくて、体調を崩してしまった」ということもあります。

夏の暑さを緩和する冷房器具は「クーラー」だけではありません。

昔ながらの「冷房器具」や、最新の「冷房器具」もありますので、それぞれに合った冷房器具を選びたいですね。

最近は様々な冷房機器がありますので、それぞれ順に紹介していきたいと思います。

①扇風機「日立 扇風機 リモコン付 HEF-130R」

昔から利用されている冷房器具です。

「クーラーは無くても「扇風機」はあるよ。」というご家庭も多いのではないでしょうか。

クーラーを設置するには、本体代だけではなく、コンセントの用意も必要になるので、「人が集まるリビングにクーラー・他の部屋には扇風機」という家庭も多いと思います。

そんな扇風機の利点は下記の様になります。

【扇風機のメリット】

・広範囲に幅広く風をおくることができる
・クーラーよりも安価
・手軽に持ち運びができる

最近は「100均ショップ」でも、手軽に持ち運べるハンディタイプの扇風機も販売されています。

筆者がオススメするのは「日立 扇風機 リモコン付 HEF-130R」です。

風量が4段階で選べるので、お好みの風量で過ごすことができます。

左右の首振りも3段階選べるので、「広範囲でも、スポット的に使う」ことが可能です。

室内の広さにあわせて「首振り調節機能」を使用すれば、部屋の中で過ごす人たちが涼しく過ごすことできますよ。

「チャイルドロック・保護リングつきガード」がついていますので、小さいお子さんがいても安心して利用できます。

サイズ幅37.1×奥行37.1×高さ73.5~95cm
重量3.9kg
風量微風から強風の4段階
首振り機能あり(約45・70・90°)
タイマー機能あり(1・2・4・6時間)

山善 扇風機 AMT-KC30(Amazon限定)

出典:Amazon
価格3,035円(税込)
サイズ36×35×86㎝
消費電力31W
重量3kg

③サーキュレーター「アイリスオーヤマ マカロン サーキュレーター」

サーキュレーターは「扇風機」に良く似た「羽を使って風をおくる冷房器具」です。

ただ、違いがあるとすればサーキュレーターの目的にあります。

それは「空気を循環させる」ということです。

空気を循環させる役割があるために、「首を振る範囲」がとても広いという特徴があります。

サーキュレーターは、主に「クーラーと併用」して使うことで、その効果を発揮します。

ですが、サーキュレーターだけでも「扇風機」としての利用も可能です。

筆者も「クーラーを付けるほどではないけど、ちょっと暑い」という時には、サーキュレーターを単独で使い、扇風機として使用することもあります(^^)

筆者のおススメのサーキュレーターは「アイリスオーヤマのマカロン型・サーキュレーター」です。

マカロンのように、コロンとした外観は、どんなお部屋にもなじみます。

首振りは固定ですが、他にも「左右首振りタイプ」やリモコンがついているタイプもあります。

サイズ18.4×25.2×25.6cm
重量約1.1kg
風量あり(3段階)
首振り機能なし(縦になら手動で30°可能)
タイマー機能なし
コードの長さ約1.4m

④サーキュレーター兼扇風機「アイリスオーヤマ サーキュレーター扇風機」

最近は、「サーキュレーターとしても利用できる扇風機」も販売されていますので、迷った時は、両用できる物も検討してみて下さいね。

このアイリスオーヤマの「サーキュレーター扇風機」は扇風機としてだけではなく、サーキュレーターとしても利用できます。

「上下左右」だけでなく「真上」にも首が振れるので、涼しい空気をおくるだけでなく「空気の循環」も可能です。

サイズ35×35×35cm
重量2.4kg
風量あり(10段階調節が可能)
首振り機能あり(上下左右真上)
タイマー機能あり(入り切りタイマーあり)
コードの長さ約1.7m

【アイリスオーヤマ】サーキュレーター PCF-SC15T

出典:Amazon
価格7,480円(税込)
サイズ24×23×23㎝
消費電力38W
重量2kg

⑥冷風扇「UP STORE 冷風扇」

冷風扇も昔からある「冷房器具」です。

「冷風扇」と聞いて「?」と思う人もいるかもしれません。

ただ、商品を見たら「これのことか!」と思う人も多いと思います。

まず「冷風扇」とは、どういった物かを紹介していきますね。

冷風扇とは、「水が蒸発する時に熱も一緒に冷やされることを利用した、冷房器具」のことです。

そのため、本体にあるタンクに水(氷や保冷剤)を入れて使用します。

【冷風扇の冷却方法】

①冷風扇から、温かい空気を取り込む

②水を含んだフィルターに温かい空気を通す

③熱をさまして、室内に冷ました空気を送り込む

このような冷却方法なので、排出される冷気も「冷たすぎる」ことがありません。

とても優しい風として、排出されるので人気の冷房器具の一つです。

【冷風扇がオススメの人】

・冷風扇の風が強すぎる

・クーラーの風が冷たすぎる

UP STOREの「冷風扇」は、マイナスイオンを発生させることができる冷風扇です。

本体についているタンクに水や保冷剤を入れて、スイッチを押せばすぐに使うことができます。

タンクやフィルターは、取り外して洗えるので清潔に使用することができます。

キャスターもついているので、好きな場所への移動も楽に行えますよ。

サイズ23×30.5×67cm
重量5.5kg
風量あり(3段階)
首振り機能あり(左右自動首振り(上下は手動))
タイマー機能あり(30分間隔で切りタイマー付)
コードの長さ1.8m

⑦冷風扇「Shop Japan ここひえR3]

出典:スポットクーラークールファン家庭用冷風扇2017情報

冷風扇とは、水の気化熱を利用し、涼しい風を作り出す冷房器具です。

室内と同じ温度の風を送風する扇風機やサーキュレーターとは違い、水を含んだフィルターにファンで風を送ることによって、冷たい風を作り出すことができます。

水だけでなく、氷や保冷剤を入れて使用できるものも発売されており、より冷たい風を感じることも可能です。

扇風機やサーキュレーターよりも涼しさを感じられるものの、暑い空気を室外へ排出する機能はないので、室内の温度自体を下げることはできません。

冷たい風に直接触れて、涼むことができる冷房器具となっています。

今回ご紹介するポータブルクーラーは、冷風扇の中でも大人気の「ここひえR3」です。

2021年にリニューアルされ、更に使いやすくなりました。

広い室内を涼しくさせることはできませんが、手元や狭い車内では「自然な涼しさ」を感じさせてくれますよ。

持ち手も着いたので、いろいろな場所に持ち運んで使用することができますよ。

サイズ176×189×173cm
重量1.15kg
風量四段階
首振り機能あり
タイマー機能あり(1・2・4時間の切りタイマー)

⑧ポータブルスポットクーラー 「カンゲキくん」

ポータブルクーラーとは名前通り、持ち運び可能なクーラーです。

フロン系のガスや水、氷を使い、冷たい空気を送り出すことができます。

ポータブルクーラーの中でも、室外機がないもの、室外機を搭載しているもの、室外機が本体と一体型になっているものがあります。

室外機がないものは、先ほど紹介した「冷風扇」のことを言います。

室外機があるものは、家庭用のエアコンと似た冷却方法で、高い冷却能力を発揮することができます。

今回紹介するエアコンの代わりになる冷房器具の中で、最も冷却能力がある冷房器具です。

室外機が本体と一体型になっているものは、室外機があるポータブルクーラーに比べると、冷却能力は劣りますが、室外機がないものより高い冷却効果があります。

一体型になっているので、工事の必要がなく、持ち運びがしやすいのも特徴です。

車中泊やアウトドアで人気が出てきている冷房器具となっています。

ポータブルクーラー 「カンゲキくん」を実際に使用した様子は下記の記事をご覧ください↓↓↓

ポータブルスポットクーラー「カンゲキくん」使用レビュー!その効果や評判、感想は!?車中泊に使える!?
価格39,380円(税込)
サイズ27.8×58.3×20.4㎝
消費電力204W
重量11.4kg

⑨ウェアラブルクーラー「アテックス ATEX モノルルド ウェアラブルクールホット&ファン」

ここ数年、とても人気のある冷房器具です。

「ウェアラブルクーラー」と、名前だけ聞くと「なにそれ?」と思う人もいるかもしれません。

簡単にいうと、「首にかける小型のクーラー」のことです。

「ネッククーラー」とも呼ばれ、首にかけて使用しますが、先が「扇風機タイプ」のものもあります。

最新機能の物は、冷房だけでなく暖房も使えることができるので、夏だけでなく冬場も大活躍してくれます。

この「ウェアラブルクールホット&ファン」も涼しい風を首もとにおくり、寒いときには「温めてくれる」商品です。

サイズ180×235×60mm
重量約450g
風量三段階調節可能
首振り機能なし
タイマー機能あり(15分自動オフ)
その他・コードレスタイプ(リチウムイオン電池内臓)・USBで充電
充電時間約5時間
連続使用時間・冷温機能のみ…約2時間・ファンのみ…弱(約6時間)・中(約4.5時間)・強(約3.5時間)・同時使用:約1.5時間
付属品USBケーブル(約1.2m)

ウェアラブルクーラーとは、肩に直接つけて使う冷房器具です。

ヘッドフォンタイプのものが主流ですが、2021年4月22日にSONYからインナーウェア装着型も発売されました。

ダイレクトに首や顔を冷やすことができるので、顔が火照る時や自分だけで涼しくしたときに使用します。

外出先や両手がふさがっているときでも気軽に使うことができ、非常に便利な冷房器具です。

肩にかけるだけで冷たさを感じることができるので、車中泊やアウトドアはもちろんのこと、オフィスや通勤時にも使うことができます。

【サンコー】ネッククーラーNeo

出典:Amazon
【2021】サンコーネッククーラーNeoはおすすめできない!?実際に使用した感想や評判、口コミをレビュー!【TK-NECK2】【THANKO】
価格4,980円(税込)
サイズ8×12.5×4㎝
電源USBバスパワー5V/1A※USB給電で動作
重量150g

クーラーの代わりになる家電・冷房器具の価格帯や電気料金を比較

冷房器具は「電気」を使って動かすものですから、必ず電気が必要です。

そのために必然的に「電気料金」がかかってきます。

せっかくですので、上記で紹介した筆者オススメの家電・冷房器具の価格と、1時間当たりの電気料金をご紹介していきます。

筆者おすすめ冷房器具の価格と1時間あたりの電気料金を紹介

筆者おすすめの冷房器具の価格と、それぞれのおよその電気料金をご紹介します。

【上記で紹介した冷房器具の価格と1時間あたりの電気料金】

価格(Amazon調べ)電気料金(1時間あたり「強」の場合の目安)
日立 扇風機 リモコン付 HEF-130R8400円(税込)約1.1円
アイリスオーヤマのマカロン型・サーキュレーター2070円(税込)約1円
アイリスオーヤマ サーキュレーター扇風機11,490円(税込)約0.6円
UP STORE 冷風扇7980円(税込)約1.2円
ここひえR38,542円(税込)約0.162円
ウェアラブルクールホット&ファン11,000円(税込)USB給電のため不明

※電気料金はそれぞれの商品のメーカーページを参考にさせて頂いております。

クーラーの代わりになる家電・冷房器具の価格帯と電気料金をご紹介!

クーラーの代わりになる家電・冷房器具の価格帯は本当に幅が広いです。

商品の性能によって、価格も変わってくるので本当に選ぶのも大変ですよね。

ここからは、それぞれの商品の販売されている価格帯をご紹介していきますので、購入する時の目安にしてみて下さいね。

価格帯電気料金(1時間あたり「強」の場合の目安)
扇風機3,000円台~約1.1円
サーキュレーター2,000円台~約1円
冷風扇7,000円台~約1.1円
ポータブルクーラー3,000円~50,000円台0.162円~約18円
ウェアラブルクーラー5,000円~USB給電のため不明

下記で、それぞれの補足をしますので、ご覧くだされば幸いです。

扇風機の価格帯

扇風機の価格帯は、本当に幅が広いです。

上記でも「ポータブルタイプの扇風機ならば、100均ショップでも販売されている」と紹介したように、ハンディタイプやクリップタイプと扇風機の種類も多岐にわたります。

そのために、価格帯も(100均商品も視野に入れれば)、「110円~上は10,000円台のもの」まであります。

上記の表では、「リビングで使用するタイプの扇風機」を想定した価格帯の紹介です。

ポータブルクーラーの価格帯

ポータブルクーラーも、本当に価格帯の幅が広いです。

上記では、卓上でも使用できるポータブルクーラー「ここひえR3」をご紹介しました。

ですが、冷却方法が違う「スポットクーラー」と呼ばれるポータブルクーラーになると、お値段が更に上がってきます。

スポットクーラーの冷却方法は、お部屋に取り付ける「クーラー(室内機+室外機)」の冷却方法と大きな違いがありません。

そのために、1時間当たりの電気料金も、卓上で使用できるポータブルクーラーよりも高くなります。

上記の表の電気料金の差は「卓上クーラーからスポットクーラーの電気料金」と考えれば、わかりやすくなると思います。

1時間当たりの電気料金の違い

最近発売されたものは「省エネ」の商品がとても多いので、それぞれの商品の1時間当たりの電気料金に大きな違いはありません。

ですが、それぞれの商品の「風量」によっては、使用される電気の量が変わってくるため多少の変動はあります。

「弱風」で使用するよりも「強風」での使用の方が、電気料金も多少かかってくるでしょう。

そのために、上記の表では「強風」での1時間あたりの電気料金を目安として表記しています。

ただ、扇風機でも「商品によって電気料金」も変わってきますので、「一つの目安」として見て頂けたら幸いです。

クーラーが無くても夏を快適に過ごしましょう!

クーラーの代わりになる家電・冷房器具と、気になる電気料金をご紹介しました。

夏の暑さの厳しさと、防犯面を考えれば「クーラー」はとても有益な家電製品です。

ですが、クーラーの冷気で体調を崩したり、電気料金が気になる人も多かったと思います。

今回ご紹介した商品は、クーラーほどの冷気はありませんが、夏の暑さを和らげて私たちを助けてくれる「冷房器具」です。

人によって、求める涼しさ(風量)は変わってくるでしょう。

さまざまな冷房器具がありますが、ご自身の身体にあった冷房器具をぜひ探してみて下さいね。

エアコンの代わりになる冷房器具をまとめて紹介!エアコンを部屋に付けられない方必見! 【2021】おすすめポータブルクーラー 12種類まとめ!冷え蔵2ex、カンゲキくんも紹介! 【必見レビュー!】パーソナルクーラー「ここひえR2」2020版の効果を検証してみた!その評価や感想は? ポータブルスポットクーラー「カンゲキくん」使用レビュー!その効果や評判、感想は!?車中泊に使える!? 【2021最新版】最新ネッククーラー10選!人気モデルの情報と購入者の評判をまとめました!sonyなどの日本製モデルや、サンコーなども紹介!