ECOFLOW(エコフロー)とはどんなメーカー!?本社は?評判は?ECOFLOW(エコフロー)製ポータブル電源を詳しく紹介!

今回は、EFDELTAを始めとして、革新的なポータブル電源を販売し、大きな注目を浴びている「ECOFLOW(エコフロー)」とはどんなメーカーなのか、そして販売するポータブル電源について紹介いたします。

ECOFLOW(エコフロー)ってどんなメーカー?

販売している製品について詳しく知りたい

そんな疑問をお持ちの方は是非今回の記事を参考にして、ポータブル電源の購入にお役立てください。

ECOFLOW(エコフロー)とは?

ECOFLOWとは2017年に4人のメンバーによって中国の深圳(シンセン)市でクラウドファンディングをきっかけに創業されました。

現在は深圳(シンセン)、サンフランシスコ、香港、日本に拠点を構え、グローバルに製品を展開しています。

ドローンで有名なDJI出身の技術者によって、革新的な技術が搭載されたポータブル電源が生み出されています。

「クリーンな電力」へ「誰でも簡単にアクセス出来るような社会」を実現する事を理念に掲げ、ヨーロッパのEV車向けのバッテリー開発や、新しい機能や独自の性能の開発を行っています。

ECOFLOWの代表的なポータブル電源であるEFDELTAのクラウドファンディングでは、日本国内市場歴代1位の支援を獲得しました。

中でも超高速充電を可能にした、X-Stream充電テクノロジーが大きな注目を浴びています。

大容量ポータブル電源の弱点であった「充電に時間がかかる」というデメリットを、技術によってわずか1時間で80%、2時間でのフル充電を可能にしました。

このように、他のポータブル電源には無い、革新的な機能を搭載しているのがECOFLOWのポータブル電源です。

ECOFLOW(エコフロー)製品は安全?

「海外のメーカーのポータブル電源は安全性が心配…」そのように考える方も多いと思います。

ECOFLOWは利便性だけでなく、安全性にも焦点を当てて開発を行っています。

EFDELTAにおいては、20を超える保護機能を備えた最新の「電池管理システム(BMS)」を採用しており、AIアルゴリズムを使用して搭載された140個のリチウムイオンバッテリーを安全性を優先させながら管理を行っています。

また、厳しい日本マーケットの要求をクリアするクオリティを基準に、ビジネスの展開を行っています。

近代化された日本企業の中国工場で、厳しい管理の下、製造や検査を実施おり、特に安全検査は、必ず全数で負荷検査実施して出荷を行っている程です。

2019年EcoFlow JPを置き、日本の商習慣、アフターサービスの対応も開始し、

2年保証や日本人によるサポート体制を構築しています。

また、EUや米国が定める安全基準も複数取得しており、安心してポータブル電源を使用することができます。

このように日本の市場に対応しながらも、しっかりと安全対策を行っているため、海外の製品だからという理由で不安になる必要はありません。

ECOFLOW(エコフロー)製ポータブル電源を徹底解説!

それではECOFLOWが販売しているポータブル電源をそれぞれ詳しく紹介して行きます。

EFDELTA

ECOFLOWが最先端のポータブル電源メーカーとして知られるきっかけとなった製品が「EFDELTA」です。

圧倒的な充電速度

EFDELTAの最大の特徴は「圧倒的な充電速度」です。

独自のX-Stream充電テクノロジーを搭載しており、フル充電で2時間、80%充電は1時間で済むという驚くべき速度での充電を可能にしています。

通常のポータブル電源の場合、1000Wを超える電気容量を持ったポータブル電源の充電は10時間近くかかります。

それと比較すると、EFDELTAの充電速度がどれだけ速いかがわかります。

他のポータブル電源にはない、EFDELTAだけが持つ大きな特徴です。

電気容量は1260Whと超大容量!

EFDELTAの電気容量は1260Whと超大容量クラスです。

使用可能目安としてはスマートフォンのみの充電は約96回(1260Wh÷13Wh)、パソコンのみでは約23回(1260Wh÷54Wh)前後充電可能という計算になります。
※あくまでも目安値であり、実際には使用する機種や、変換効率などで変化します

その他、家電製品の使用目安は上記の画像の通りで、これからも非常に多くの電力を使用できることがわかります。

電気容量もトップクラスのモデルです。

出力1600Wでほとんどの家電製品が使用可能

EFDELATAは出力1600W(瞬間最大3600W)と高出力を誇ります。

これは、「家庭用1500Wの家電製品ほとんどが使用可能である」ということを意味します。

ポータブル電源で動かすことが難しかった電子レンジやドライヤーも使用可能となります。

その他メーカーの大容量ポータブル電源の出力を下記にまとめました。

メーカ・製品名定格出力
EcoFlow・EFDELTA1600W
suaoki・G12001000W
MAXOAK・eb-1501000W
Jackery・700500W

その他メーカーの大容量ポータブル電源と比較しても、 EFDELTAの1600Wが最も優れていることがわかります。

家庭で使用する家電製品がほとんど使用可能という点がEFDELTAの魅力です。

合計13口の豊富な出力ポート

EFDELTA(イーエフデルタ)が優れている点として出力ポート数が豊富という点も挙げられます。

出力ポート
・AC(家庭用コンセント)電源×6
・USBポート×2
・QC(急速充電USB)ポート×2
・USB Type-C×2
・車用ポート×1

出力ポートの中で最も使用する機会の多いAC(家庭用コンセント)電源が6つも搭載されており、コンセントの数が足りなくて困ることはほとんどありません。

これほどの数AC電源を搭載しているのは、EFDELTA意外見当たりません。

QCやType-Cも搭載されており、使い勝手は最高峰レベルです。

また、最大3台までフル充電状態のEFDELTAをAC入力/出力で連結接続すると、仮想的に3780Whの大容量バッテリーとしても使用することができます。

電気容量1260Wh
価格159,500円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×6、QC(急速充電USB)×2、USB×2、Type-C×2、シガーソケット×1
重量13.6kg
サイズ40×21×27cm

RIVERシリーズ(旧名称:RIVER600シリーズ)

ポータブル電源の購入を考えているけど、EFDELTA程の電気容量が必要ない方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが、同じくEcoFlow製のRIVER600シリーズです。

その理由は大きく3つ挙げられます。

1点目はRIVERは電気容量を選べて、変更できる点です。

上の画像のように、大きくEcoFlow RIVERとEcoFlow RIVER Proの2モデルがあり、それにエクストラバッテリーを搭載することでそれぞれEcoFlow RIVER MAX、EcoFlow RIVER PRO+エクストラバッテリーとなります。

購入した後に電気容量が足りなかった場合は、エクストラバッテリーで補うこともできるので、購入の失敗のリスクも軽減することができます。

電気容量をセレクト&カスタマイズできるという他のポータブル電源には見られない特徴を持っています。

EcoFlow RIVERシリーズがおすすめな理由の2つ目としては、ドライヤーや電子レンジのように消費電力の大きな家電製品を使用できるという点です。

独自技術X-Boostを搭載しており、家電製品の電圧を下げてコントロールすることで作動させることができます。

1200W以上の消費電力の大きい家電を動かすことができるのポータブル電源はEFDELTAのように大型のモデルに限られます。

しかし、RIVERシリーズは比較的コンパクトなサイズにもかかわらず、ほとんどの家電製品を作動させることができるのです。(※一部作動しない製品もあります)

そして、3点目の理由が高速充電機能が搭載されているという点です。

EFDELTAで好評だった高速充電機能がこちらのモデルにも搭載されています。

1.6時間でフル充電することができる充電速度は他のポータブル電源よりも圧倒的に優れています。

以上がRIVERシリーズをおすすめする理由です。

またEcoFlow RIVERシリーズには、ホワイトカラーのEcoFlow RIVER PlusとEcoFlow RIVER Max Plusも発売されています。

清潔感のあるホワイトを基調としており、自宅でも馴染むデザインなので、家庭で使用したい方にもおすすめです。

電池容量が通常モデルよりパワーアップしており、EcoFlow RIVER Plusが360Wh、RIVER Max Plusが720Whとなっています。

どのポータブル電源を買えば良いか悩んでいる方は、まずはこれらのモデルから検討してみてはいかがでしょうか?

RIVER PROのレビューは下記の記事をご覧ください↓↓↓

Makuakeで話題!RIVER600 PRO実機レビュー!実際に使用した感想や評価は?【EcoFlow】
電気容量288〜1440Wh
価格39,600円〜
ポートの種類と数AC(家庭用コンセント)×3、USB QC×2、USB Type-C×1、シガーソケット×1、DC×2
重量5.0kg〜
サイズ288(L)×194(W)×185(H)mm〜

RIVER mini

出典:EcoFlow

重量2.85kgとブランド史上最も軽量なモデルが「RIVER mini」です。

ポータブル電源といえば屋外で使用するものと思われがちですが、このRIVER miniは屋外・室内問わず、手軽に使えるポータブル電源として開発されました。

出力ポートが6つの通常タイプとワイヤレス充電を搭載したワイヤレス充電タイプがあります。

軽量ながらも十分な電気容量

電気容量は210Wh、定格出力は300Wとなっており、本体の充電時間はX-Stream急速充電機能によって約1.5時間でフル充電可能です。

本体を充電しながら他のデバイスへ給電するパススルー機能にも対応しています。

スマホの充電やノートパソコンなど複数の機器を同時に使用できるので、リモートワークや日帰り旅行にも使用可能です。

豊富な出力

出力ポート
・AC(家庭用コンセント)ポート×2
・USBポート×3
・シガーソケット×1
・ワイヤレス充電×1(RIVER miniワイヤレス充電タイプのみ)書

RIVER miniはコンパクトながらも、6つのポートを備えています。

ワイヤレス充電タイプの上部には、置くだけでスマホを充電できるワイヤレス充電機能を搭載しています。

2021年11月現在、EcoFlowのポータブル電源でワイヤレス充電機能を搭載しているのは、このRIVER miniのみです。

RIVER miniを実際に使用したレビュー記事は以下をご覧ください↓↓↓

RIVER mini使用レビュー!その評価や感想は!?キャンプや車中泊におすすめ!?【EcoFlow】
電気容量210Wh
価格35,200円~
ポートの種類と数AC(家庭用コンセント】×2、USB×3、シガーソケット×1、ワイヤレス充電(ワイヤレス充電タイプのみ)
重量2.85kg
サイズ249(L)×140(W)×133(H)mm

DELTA Pro

2021年に販売が開始されたばかりの最新モデルで、ECOFLOW製品の中では最高スペックを誇ります。

とてつもない大容量

DELTA Proは3,600Whもの超大容量を誇り、エクストラバッテリーと接続することで最大21,600Whまで容量を増やすことが可能です。

これは停電時などでも数日間の電気を補うことができるほどの電気容量です。(※使用する家電製品によって異なります)

出典:makuake

電気容量が3200Whの場合の家電製品の使用時間目安は上記の画像の通りとなります。

出力も3000Wを誇り、別売のダブルボルテージハブで接続することで最大6000Wもの高出力となります。

これはほぼ全ての家電製品を同時に使用することを意味します。

約3時間でフル充電可能

EFDELTAやRIVER600にも搭載されている高速充電技術X-Streamも搭載されており、3200Whもの電気容量があるにもかかわらず2.4時間で80%フル充電は3.1時間を可能にしています。

出典:makuake

また、EVステーションでの充電も可能で1.8時間でのフル充電が可能です。

全国各地にあるEVステーションで充電することができるので、キャンピングカーでの車中泊旅などにも適しています。

停電時に家族を守るための備えや、長期の車中泊、キッチンカーなどの電力としての使用を考えている方におすすめの最高スペックのポータブル電源です。

DELTA mini

大容量かつ持ち運びしやすいポータブル電源をお探しの方におすすめしたいのは、DELTAシリーズの中でも最軽量の「DELTA mini」です。

片手で運べる大容量モデル

大容量のポータブル電源は重量が重いものが多く、運ぶのが一苦労でした。

しかしDELTA miniは882Whという大容量でありながらも、重量は約11kgと、女性でも持ち運べるように作られています。

定格出力は1400W、瞬間出力2100Wと高出力のため、ほとんどの電化製品を動かすことができます。
電化製品の消費電力を抑えるX-Boost機能搭載で、1400W以上の電化製品も使用可能です。

また1.6時間でフル充電可能となっています。

12口の多彩な出力ポート

出力ポート
・AC(家庭用コンセント)ポート×5
・USBポート×2
・USB急速充電×1
・USB Type-C×1
・シガーソケット×1
・DC×2

DELTA miniには12口の出力ポートが搭載されています。

ACコンセントが5つもあり、複数の電化製品を同時に使用可能です。

また急速充電できるUSBポートやUSB Type -Cなどさまざまなポートを搭載しています。

DELTA miniの実機レビューは以下の記事をご覧ください↓↓↓

【実機レビュー】DELTA miniはキャンプや車中泊におすすめなポータブル電源!その使い勝手やスペックを解説!電子レンジは使える!?
電気容量882Wh
価格115,500円
ポートの種類と数AC(家庭用コンセント)ポート×5、USBポート×2、USB急速充電×1、USB Type-C×1、シガーソケット×1、DC×2
重量約11kg
サイズ378(L)×184(W)×240(H)mm

DELTA Max

出典:EcoFlow

EFDELTAよりもう少し大容量なポータブル電源をお探しの方には、「DELTA Max」がおすすめです。

2016Whのタイプと1612Whのタイプが発売されています。

用途に合わせて電気容量を拡張

DELTA Maxの電気容量は2016Whですが、外付けのエクストラバッテリーを最大2つまで取り付けることができ、最大6048Whまで拡張可能です。

使用する人数やシーンに合わせて容量を変更することができます。

また定格出力は2000Wでほとんどの家電製品が使えるので、停電時の備えとしてもおすすめです。

約2時間でフル充電可能

EcoFlowの特許技術「X-Stream充電テクノロジー」がこのDELTA miniにも搭載されています。

ACコンセントからは最大1500Wの急速充電が可能となっており、2016Whなら約2時間、1612Whなら約1.7時間でフル充電することができます。

またシガーソケットやソーラーパネルからも充電できるので、キャンプや車中泊などのアウトドアにもおすすめです。

電気容量1612Wh、2016Wh
価格187,000円~
ポートの種類と数AC(家庭用コンセント】×6、USB×2、USB急速充電×2、USB Type-C×2、シガーソケット×1、DC×2
重量約22kg
サイズ497(L)×242(W)×305(H)mm

R500

EFDELTAよりも軽量かつコンパクトで持ち運び性能に優れたモデルが「R500」です。

また、こちらのモデルも接続方法によっては高速充電が可能なモデルです。

ACアダプター(60W)を2つ接続することで高速充電が可能

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A656BA40-3A1E-49B0-9D25-49177D2E0713-780x585.jpg

ポータブルバッテリーR500の最も大きな特徴は「3.5時間でフル充電ができる、圧倒的な充電スピード」です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 724ddbcb4ff77001258afeaa17fd4efa-1-780x415.png

USB-C高速充電器2つを本体に接続し、同時に充電を行うことで、通常の倍近いスピードでの充電が可能です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 46EE8CE7-AD42-4672-92D7-9B6D2ADC9F63-780x585.jpg

通常、400Wもの電気容量があるポータブル電源を充電するには7時間前後かかりますが、R500はたった3.5時間でフル充電することができます。

このように他のポータブル電源には無い、圧倒的な充電スピードがR500の大きな魅力です!

電気容量は400Whで使い勝手が良い

ポータブルバッテリーR500の電気容量は403Whです。

403Whがどのくらいの家電製品を使用できるかの目安は上記の通りとなります。(※使用する電子機器の種類や消費電力によって異なります)

これによると、スマートフォンは37回、パソコンは6回前後の充電が可能となっています。

数日間の車中泊やキャンプにはぴったりの、ちょうど良い電気容量となっています。

コンパクトなのに合計9つの出力ポート

出力ポート
・AC(家庭用コンセント)ポート×2
・QC(急速充電)ポート×2
・USBポート×2
・Type-C USB×2
・シガーソケット×1

本体の側面にはAC(家庭用コンセント)ポート×2、シガーソケット×1が搭載されています。

もう一方にはQC(急速充電)ポート×2、USBポート×2、Type-C USB×2が搭載されており、合計で9つもの豊富なポート数が搭載されています。

QC電源はスマートフォンの対応端末であれば約4倍速い時間での急速充電が可能です。

また、Type-C USBはApple製品で採用されている形式のため、MacやiPadとの相性も抜群です。

AC電源の出力規格は100Vで、定格出力は500Wとなっており複数台の同時充電が可能です。

消費電力500Wを超える家電製品を使用することができないため、ドライヤーや電子レンジ等は使用することができません。

コンパクトかつ軽量でアウトドアにも最適

本体のサイズは高さ20.8×横16.0×奥25.0cm、と非常にコンパクトなサイズとなっており、持ち運び性能に優れています。

重量は5.2kgで、同等の電気容量を持つ他社のポータブル電源と比較しても軽量となっています。

持ち運びしやすい重量と形状のため、短・中期間の車中泊やキャンプなどのアウトドアに最適なポータブル電源となっています。

電気容量403Wh
価格52,800円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×2、DCポート×2、QCポート×2、Type-C×2、シガーソケット×1
サイズ250mm(L)x 160mm(W)x 208mm(H)
重量5.2kg

ECOFLOW(エコフロー)製ソーラーパネル

ECOFLOWのソーラーパネルは発電量が110Wのモデルと、85Wのモデルの2種類が存在します。

どちらのソーラーパネルも折りたたみ式で、持ち運びにも適しています。

ソーラーパネルの配線をポータブル電源に差込み、太陽の当たる場所に放置するだけで、誰でも簡単に発電を行うことができます。

EFDELTAやR500はどちらも大きな電気容量を持っているため、個人的にはなるべく発電量の大きいソーラーパネルの購入をおすすめします。

85Wのソーラーパネルでも、太陽のあたり方によって常に85Wで発電ができる訳ではありません。

実際には85Wよりも低い発電量での充電になることが大半のため充電に時間がかかる場合があります。

そのため、資金やスペースに余裕があれば、なるべく発電量の大きい110Wのモデルを選ぶことをおすすめします。

ECOFLOWのSNS一覧

ECOFLOW JPはInstagramやYoutubeなどのSNSによる発信も開始いたしました。

是非フォローして、最新の情報をすぐにキャッチできるようにしましょう。

Instagram

Youtube

ECOFLOWのSNSまとめ
Instagram
Youtube
Twitter
Facebook

【まとめ】ECOFLOWは独自の技術を持ち、革新的な製品を生み出している!

以上、今回はECOFLOWとはどんなメーカーか?そして販売している製品についてそれぞれ紹介いたしました。

ECOFLOWが開発する製品は、他社の製品には無いような性能を備えていることがわかってもらえたかと思います。

数多くのポータブル電源のメーカーがありますが、ECOFLOWは独自の高い技術で業界を引っ張っていくような革新的なメーカーです。

是非ポータブル電源の購入を考えている方はECOFLOWの製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

Makuakeで話題!RIVER600 PRO実機レビュー!実際に使用した感想や評価は?【EcoFlow】 ECOFLOWポータブルバッテリー「R500」実機レビュー!高速充電が魅力の最新ポータブル電源 最強ポータブル電源!?「EFDELATA(イーエフデルタ)」の実機レビュー!電子レンジも動かせる! ポータブルバッテリーのおすすめランキング10選! 【最強ポータブル電源決定戦!】ポータブル電源を大容量順にランキング発表! ポータブル電源「EFDELTA(イーエフデルタ)」の予約はどこで行う!?予約方法や購入方法を紹介! ECOFLOWポータブル電源「EFDELTA」の超高速充電を実際に検証してみた! 停電対策におすすめグッズ!家庭用電源「EFDELTA」を紹介!地震や台風等の災害時の備えに大活躍! EcoFlowソーラーチャージャー110Wレビュー!EFDELTAやR500シリーズにもおすすめ!