【最強ポータブル電源決定戦!】ポータブル電源を大容量順にランキング発表!

今回は数あるポータブル電源の中で、特に電気容量に着目し、大容量順に10種類をランキング形式でご紹介いたします。

とにかく大容量のポータブル電源が欲しい!と考えている方必見の記事となります。

筆者が経験と共に得た知識の中から、大容量順に15種類のポータブル電源を厳選いたしました。

ランキング15位から電気容量500Wh超えと、非常にハイレベルなランキングとなっております。

大容量ポータブル電源をお探しの方は今回の記事を参考に、ポータブル電源選びにお役立てください。

ポータブル電源を比較する前に知っておきたい知識2点

①ポータブル電源の電気容量の比較方法

次に、ポータブル電源の電気容量の比較方法について詳しく解説していきたいと思います。

 ポータブル電源の電気容量については、「mAh(ミリアンペアアワー)」と「Wh(ワットアワー)」の2つの単位が記載されており、どちらを見たら良いかわからないという方が多いと思います。

そこで、簡単に考えてもらうために、電気容量を比較する際には「Wh(ワットアワー)」だけの値を比較すれば問題ありません

mAhは放電容量を表す値であり、たとえ同じ数値だとしても電圧(V)によって電気量(Wh)が変化するため、正確な電気容量を表してはいません。

以上の理由から、ポータブル電源の電気容量をみるためにはWh(ワットアワー)の数字の大きさを比較すれば良いのです。

②どの程度の家電製品を使用できるかの計算方法

電気容量の比較の方法がわかった後には、その電気容量でどのくらい家電製品を利用できるかが重要なポイントとなってきます。

これも、ポータブル電源を購入したことのない人にとってはイメージがしづらいです。

100Whと書いてあっても、それがどのくらい使用できる電気容量なのか検討もつきません。

それを具体的に計算してイメージできるようになるためには、よく使用する家電製品の消費Whを把握しておくことが必要となります。

計算の例として、スマートフォンとパソコンの1回の充電で消費する電気容量は以下の通りです。

1回の充電で消費する電気容量目安
・スマートフォン:5〜17Wh
・パソコン:40〜60Wh

※使用する機器によって異なります

今回は、100Whのポータブル電源を購入した場合、どのくらいスマートフォンやパソコンを充電できるのかを計算してみます。

何回充電できるかは、「ポータブル電源の電気容量÷電子機器の消費電気容量」で求めることができます。

これより、電気容量が100Whのポータブルでは、スマートフォンのみの充電は100(Wh)÷13(Wh)=約7.7回、パソコンのみでは100(Wh)÷60(Wh)=約1.6回前後充電可能ということがわかります。

1日にスマートフォンとパソコンを両方1回ずつ充電するという方の場合、使用する電気容量は13(Wh)+60(Wh)=73(Wh)となります。

この方が100(Wh)のポータブル電源を使用する場合、約1.4日分しか充電することができない計算になります。

3日以上ポータブル電源を充電することなく使用したい場合には、220(Wh)以上のポータブル電源を購入する必要があります。

以上が、どの程度家電製品を使用することができるかの計算方法であり、自分がよく使用する製品のWhから、どの程度の電気容量が必要となるかを計算してみてください。

ポータブル電源大容量ランキング15選!

15位:suaoki 「G500」

大容量ポータブル電源ランキング第10位はsuaoki「G500」です。

suaoki 「G500」の電気容量は500Whです。

ランキングとしては第10位になりますが、500Whでもスマートフォンのみの充電は約38回(500÷13)以上、パソコンのみでは約8回(500÷60)前後充電可能とかなりパワフルなことがわかります。

G500はパワフルに使える電気容量と、ポートの種類の豊富さが魅力のモデルです。

価格はやや高価ですが、電力をたっぷりと使用したい方にはおすすめのポータブル電源です。

電気容量500Wh
価格59880円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×2、USBポート×2、Type-C×1、DC×2、シガーソケット
重量6.8kg
サイズ280mm(L)x 190mm(W)x 210mm(H)

14位:アイパー(Aiper) 「ELECTRO 500」

大容量ポータブル電源ランキング第9位はAiper「ELECTRO500」です。

ELECTRO 500」は電気容量が540WhとAiper製品の中で2番目に大きな電気容量を誇っています。

スタイリッシュで洗練されたデザインが目を引く、機能美を備えたアイテムです。

車中泊にはぴったりの、ジャンプスターター 機能搭載も搭載しており、予期せぬバッテリー上がりにも備えることができます。

Aiperのポータブル電源全4種類については下記の記事をご覧ください↓↓↓

[最新ポータブル電源]Aiper(アイパー)製ポータブル電源全4種を徹底検証!
電気容量540Wh
価格59800円
ポートの種類と数AC電源×2、DC×2、type-C×1、シガーソケット×1、USBポート×1
重量7.5kg
サイズ240mm(L)x 190mm(W)x 238mm(H)

13位:SYRIDE「MIGHTY SY-001」

大容量ポータブル電源ランキング第8位はSYRIDE「MIGHTY SY-001」」です。

SYRIDEの「MIGHTY SY-001」は安全性にこだわり、信頼性の高いPanasonicのリチウムイオン電池を採用しています。

リチウムイオン電池を48本搭載し、552Whの電気容量を長期間安全に使用可能です。

防塵防水機能も付いているため、突然の雨や海などのアウトドアシーンでも安心して使用することができます。

海外製品では発火などの安全性に不安を抱いている方はこちらのアイテムがおすすめです。

電気容量552Wh
価格79800円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×2、DC×1、USBポート×4、シガーソケット×1
重量5.5kg
サイズ365mm(L)x 190mm(W)x 195mm(H)

12位:SmartTap「PowerArQ」

大容量ポータブル電源ランキング第7位はSmartTap「PowerArQ」です。

Power ArQの電気容量は626Whと大容量ながらも使いやすいボリュームとなっています。

機能性だけでなく、そのおしゃれなデザインが評価され、2019年にグッドデザイン賞を受賞しました。

AC(家庭用電源)ポートが1つという点と、価格が66000円と高価な点が気になりますが、価格に見合った最高峰の性能を備えた人気のアイテムです。

電気容量626Wh
価格66000円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×1、DC×2、USBポート×3、シガーソケット×1
重量6.0kg
サイズ300mm(L)x 193mm(W)x 242mm(H)

11位:Jackery「700」

大容量ポータブル電源ランキング第6位はJckery「700」です。

Jckeryポータブル電源700はその名前の通り、700Whと非常に高い電気容量を誇っています。

定格出力500Wで、比較的消費電力の高いポータブル調理器具、掃除機、扇風機、電気毛布やミニ冷蔵庫などの電気製品にも使用することができます。

7位のPowerArQと比較しても、価格は安く、電気容量も大きいためおすすめのポータブル電源です。

電気容量700Wh
価格63840円
ポートの種類と数AC電源×2、DC×2、USBポート×3、シガーソケット×1
重量6.3kg
サイズ300mm(L)x 193mm(W)x 191mm(H)

10位:suaoki 「S670」

大容量ポータブル電源ランキング第5位は2020年3月13日に発売されたばかりの新商品suaoki 「S670」です。

電気容量は720Whと、5位にもかかわらず非常に大きな電気容量を持っています。

今までのsuaoki製品の中では600〜1000Whの中間の電気容量を持った製品がなかったため、そこを埋めるモデルとして発売されました。

家庭用コンセントのAC電源が4口、USBのTypeーCも搭載されており、使い勝手の良いポート構成となっています。

パワフルかつ、使い勝手の良い製品のため、予算に余裕のある方にはおすすめのポータブル電源です。

S670について解説した記事は以下をご覧ください↓↓↓

[最新版!]suaoki ポータブル電源S670 [720Wh/200000mAh]は購入すべき!?徹底検証!
電気容量720Wh
価格79880円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×4、USBポート×4、Type-C×1、QC×2、DC×2、シガーソケット×1
重量7.85kg
サイズ350mm(L)x 170mm(W)x 235mm(H)

8位:suaoki「G1000」

大容量ポータブル電源ランキング第4位は「G1000」です。

電気容量は1182Whの超大容量で、スマートフォンであれば約80回近く充電可能です。

通常ポータブル電源にはリチウムイオンバッテリーを使用しますが、G1000は安全性、長寿命性に優れたリン酸鉄リチウムバッテリーを採用しています。

リン酸鉄リチウムバッテリー(LifePO4)は結晶構造が強固なため、 熱安定性が高く安全性に優れており、充放電サイクル数は 2,000 回を超え、約10年使うことができます。

また、G1000には業界初の無停電電源装置機能(UPS)が搭載されており、停電時でも瞬時にインバーター給電に切り替えることで、電子機器への電気の供給が止まることを防ぎます。

精密機器やパソコンなど、突然電源が切れると大きな問題を生じる電気製品を使用する際に、万が一の時に備えてG1000を使用するという選択肢もあります。

リアルタイムにバッテリーの電圧や温度などをモニタして管理するバッテリーマネージメントシステム (BMS)と制御装置(MCU)を内蔵しており、安全性もバッチリ。

瞬間最大2000Wの機器まで給電可能で、電子レンジなどの消費電力の大きい家電にも対応可能なモンスター電源です。

G1000について詳しく詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください↓↓↓

[今だけ限定45000円OFF!]suaoki ポータブル電源G1000[369600mAh/1182.72Wh]を徹底解説!
電気容量1182Wh
価格179880円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×4、USBポート×4、Type-C×1、DC×2、シガーソケット×1
重量23kg
サイズ350mm(L)x 345mm(W)x 315mm(H)

8位:GP1000

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shopduo_sp-gp-1000.jpeg

コスパが良く、大容量のモデルで注目を集めているのがGPシリーズです。

その中で、最も小さい電気容量のモデルがGP1000です。

小さいと言っても1000Whあるため、災害時の備えとしても十分すぎるレベルの電気容量です。

価格は78,000円と最もお手頃で、現実的に一番購入しやすいのがこちらのモデルではないでしょうか。

長期のキャンプや車中泊、災害時にも使える高コスパのポータブル電源です。

一般的な使用方法では十分に補える電気容量を持っており、購入しやすい価格のため、安く電気容量が大きいポータブル電源をを求める方には最もおすすめのモデルです。

電容量1000Wh
価格79,800円
ポートの種類と数AC電源×2、USB×4、Type-c×1、シガーソケット×1、DC×2
重量11.5kg
サイズ38.5×23.8×19cm

7位:Jackery「1000」

Jackery(ジャクリ)から2020年6月10日に発売されたばかりの超大容量ポータブル電源「1000」が7位にランクインです。

電気容量は1002Whでジャクリが販売するポータブル電源の中では最も大きなモデルとなっています。

収納に適した形状と、AC(家庭用電源)ポートが3つ搭載されており、使い勝手が良いのが特徴です。

Jackery1000についての詳しい記事は下記のリンクをご覧ください↓↓↓

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源「1000」を徹底解説!【定格出力1000W、278400mAh/1002Wh】
電容量1002Wh
価格139,800円
ポートの種類と数AC電源×3、USB×1、QC×1、Type-c×2、シガーソケット×1
重量10.6kg
サイズ33.2×23.3×24.3cm

6位:suaoki 「G1200」

大容量ポータブル電源ランキング第3位はsuaoki「G1200」で、電気容量は1200Whを誇ります。

最強と言われる高いスペックから電子レンジを動かすことができるとも言われています。

出力ポートはAC(家庭用電源)×2、DC×1、USBポート×4、シガーソケット×1と豊富で使い勝手も抜群です。

大きな電気容量とポート数の多さ、まさに最強の名にふさわしいスペックを持ったアイテムです。

G1200についての詳しい記事は下記をご覧ください↓↓↓

最強クラスポータブル電源suaoki 332000mAh/1200Wh ポータブル電源G1200は車中泊にも最適!
電気容量1200Wh
価格169880円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×2、DC×1、USBポート×4、シガーソケット×1
重量12.6kg
サイズ293mm(L)x 165mm(W)x 364mm(H)

5位:GP1200

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: k2linksfactory_sp-gp1200.jpeg

GP1200は電気容量が1200Whと非常に大きく、価格が98,800円と非常に格安です。

同じ電気容量のG1200は17万円近くするため、GP1200がどれほど安いかわかっていただけると思います。

とにかく安く、超大容量のポータブル電源が欲しい方におすすめです。

電気容量1200Wh
価格98,800円
ポートの種類と数AC電源×2、USB×4、Type-c×1、シガーソケット×1、DC×2
重量14.8kg
サイズ38.5×19×23.8cm

4位:ECOFLOW「EFDELTA」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BAEF5344-CC91-42E3-81A6-8D5D138511B3-780x585.jpg

日本で販売されているポータブル電源において、総合力ではNo.1に最も近いとの呼び名も高いのがEcoFlow製の「EFDELTA」です。

電気容量1260Whと超大容量に加え、その他のスペックも非常に優れています。

特に、独自のX-Stream充電テクノロジーによって、通常10時間程度かかるポータブル電源の充電をたったの2時間でフル充電できてしまうという他のモデルにはない機能を備えています。

また、最大出力も1500Wを超え、家庭用コンセントと変わらない感覚でほとんどの家電製品を使用することができます。

出力ポートはAC(家庭用電源)×6、QC(急速充電USB)×2、USB×2、Type-C×2、シガーソケット×1の合計13口も搭載。

電気容量・充電速度・最大出力・使い勝手どれをとってもトップクラスで今最も注目されているポータブル電源です!

EFDELTAに関しての詳しい記事は下記のリンクをご覧ください↓↓↓

最強ポータブル電源!?「EFDELATA(イーエフデルタ)」の実機レビュー!電子レンジも動かせる!
電気容量1260Wh
価格159,500円
ポートの種類と数AC(家庭用電源)×6、QC(急速充電USB)×2、USB×2、Type-C×2、シガーソケット×1
重量13.6kg
サイズ40×21×27cm

3位:MAXOAK「BLUETTI EB-150」

ポータブル電源大容量ランキングの第二位は「BLUETTI EB-150」です。

電気容量はなんと1500Whと4位と300Whもの差があります。

充電可能目安としてはスマートフォンが100回、パソコンが25回と程度となります。

BLUETTI EB-150の詳しいスペックを紹介した記事は下記のリンクをご覧ください↓↓↓

最強クラスの超大容量ポータブル電源「BLUETTI EB-150」実機レビュー!1500Wh/415,000mAh超え!電子レンジは動かせない!?
電気容量1500Wh
価格189,880円
ポートの種類と数AC電源×2、USB×4、Type-c×1、シガーソケット×1
重量17.2kg
サイズ371×365×165mm

2位:GP1500

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shopduo_sp-hy-1500.jpeg

GP1500は1700Whの超大容量を誇るにもかかわらず、126,000円という格安の値段で購入することができるポータブル電源です。

電気容量1Whあたりの価格は74円と非常にコストパフォーマンスが良いことがわかります。

とにかく安く、電気容量の大きいポータブル電源が欲しい方にはおすすめのモデルです。

電気容量1700Wh
価格126,000円
ポートの種類と数AC電源×2、USB×4、Type-c×1、シガーソケット×1、DC×2
重量19.6kg
サイズ48×19×23.8cm

1位:MAXOAK「BLUETTI EB-240」

ポータブル電源大容量ランキングの第一位に輝いたのは「BLUETTI EB-240」です!

その電気容量はなんと2400Whと他の追随を許さない圧倒的な1位です。

充電可能目安としてはスマートフォンが255回、パソコンが34回と凄まじい充電回数を誇ります。

最大1000Wまで出力可能で、冷蔵庫も電子レンジも動かすことのできるモンスターポータブル電源です。

BLUETTI EB-240を一度フル充電するだけで、1ヶ月以上はパソコンの充電に困らない計算となります。

災害時の停電は約1週間程度が多いのですが、そんな時でもBLUETTI EB-240があれば、電気に困ることはまずないと言えるでしょう。

ありとあらゆる状況に備えて、とにかく電気を確保したい方にはおすすめのポータブル電源です。

BLUETTI EB-240についての詳しい記事は下記のリンクをご覧ください↓↓↓

電気容量2400Wh!超大容量ポータブル電源BLUETTI 「EB-240」を紹介いたします!
電気容量2400Wh
価格329,900円
ポートの種類と数AC電源×2、USB×4、Type-c×1、シガーソケット×1
重量22kg
サイズ494×365×165mm

[まとめ]最新ポータブル電源は超大容量のモデルがどんどん発売されている!

以上、今回は最新ポータブル電源を大容量順にランキング形式でご紹介いたしました。

1位のポータブル電源の電気容量は2400Whと他を圧倒する電気容量となりました。

最近のポータブル電源の傾向を見ると1000Wh前後のモデルが多く発売されており、大容量のモデルが人気であることがうかがえます。

大容量ポータブル電源は高価ではありますが、キャンプや車中泊、災害時など様々なシーンで非常に役立ち、10年近く使えるため是非一度購入を検討してみてはいかがでしょうか?