【2022】花粉対策におすすめの家電製品10選!花粉除去ができる空気清浄機などを紹介!

春は暖かく過ごしやすいですが、花粉症の方にとっては大変辛い時期でもあります。

くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は花粉対策におすすめの家電製品10選をご紹介いたします。

花粉症に毎年苦しんでいる

花粉対策のポイントを知りたい

花粉対策できる家電製品を探している

こんなお悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

大見出し)花粉対策のポイント

花粉対策の一番のポイントは花粉に触れないことですが、なかなか難しいですよね。

少しでも花粉症の症状を和らげられるように、花粉対策のポイントをしっかりと抑えておきましょう。

花粉対策のポイント
・花粉を体内に取り込まない
・花粉を室内に持ち込まない
・室内干しを徹底する
・室内の花粉は空気清浄機で除去
・加湿器で乾燥を防ぐ
・拭き掃除が有効

花粉を体内に取り込まない

花粉は鼻や口、目など粘膜の部分から侵入します。

外出する際はマスクや帽子、花粉対策用メガネを着用し、花粉を体内に取り込まないようにしましょう。

またウールなどの毛羽立ちのある素材は、木綿や化学繊維に比べると、花粉が付着しやすくなってしまいます。

花粉の付着を最小限に抑えるために、ツルツルした凹凸の少ない服がおすすめです。

花粉を室内に持ち込まない

外出すると、服や体にどうしても花粉が付着してしまいます。

室内に花粉を持ち込まないために、玄関前で上着や服に付いた花粉をはたき落とすようにしましょう。

帰宅後は手洗い、うがい、洗顔をし、顔や粘膜に付いた花粉を落とします。

さらに目のかゆみが気になる方は洗眼薬、鼻の症状がつらい方は鼻うがいなどすると、より効果的です。

室内干しを徹底する

洗濯物や布団を外に干してしまうと、干している間に多くの花粉が付着し、室内に花粉を持ち込んでしまいます。

特に濡れた洗濯物は花粉をより吸着させてしまうので、室内干しを徹底しましょう。

乾燥機能付きの洗濯機や衣類乾燥機、除湿機などがあれば、室内干しの嫌なニオイも気になりません。

布団の湿気が気になる場合は、日当たりの良い場所で室内干しをするか布団乾燥機でを使いましょう。

表面に付着した花粉やゴミ、ダニまでも吸引できる布団クリーナーを使用するのもおすすめです。

室内の花粉は空気清浄機で除去

いくら花粉を持ち込まないように工夫していしても、どこからか侵入してくる花粉・・・

室内に侵入した花粉は、花粉除去機能を搭載した空気清浄機で除去できます。

空気中に舞った花粉を吸い込み、フィルターでキャッチします。

空気清浄機は消臭やウイルス抑制などの効果もあるので、一年中使える家電製品です。

加湿器で乾燥を防ぐ

花粉症の症状は鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどが代表的ですが、皮膚のかゆみや肌荒れ、カサつきなどを引き起こすこともあります。

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、さらに肌荒れやかゆみを悪化させてしまいます。

また鼻づまりによる口呼吸でのどが乾燥し、風邪などの体調不良に繋がることも・・・

帰宅後は洗顔やシャワーで肌に付いた花粉を落としてから保湿し、室内は加湿器で加湿することが大切です。

加湿器で加湿することで、空気中に舞っている花粉を床に落とすこともできます。

加湿機能付きの空気清浄機なども発売されているので、使いやすいものを検討してみてくださいね。

拭き掃除が有効

花粉の時期はこまめに掃除をして、花粉を除去することが肝心です。

人の動きや掃除機の排気で床に落ちた花粉が再び舞い上がってしまいます。

モップや雑巾がけなどの拭き掃除が有効です。

最近では水ぶきができるロボット掃除機も発売されており、より手軽に拭き掃除ができます。

寝ている間は人の動きがなく、空気中に舞い上がった花粉も床に落ちるので、朝一で使用するのがおすすめです。

家電製品をうまく取り入れて、花粉対策をしましょう。

花粉対策におすすめの家電製品10選!花粉除去ができる空気清浄機などを紹介!

それでは花粉対策におすすめの家電製品10選を紹介いたします。

空気清浄機はもちろん、花粉対策に役立つ家電製品を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【ダイキン】ストリーマ空気清浄機 MCZ-70Y-T

加湿・除湿・集塵・脱臭機能を搭載した空気清浄機です。

JAPOC(花粉問題対策事業者協議会)の認証を得ており、花粉を99%以上除去することができます。

フィルターには0.3μmの微細なホコリもキャッチするYAFUフィルターを採用しており、花粉だけでなく微細なPM2.5へも対応。

空気中の浮遊ウイルスやカビ菌を吸い込んで抑制する効果もあります。

さらに加湿機能を用いてニオイ成分を浮かし、除湿機能で湿気とニオイ成分を同時に回収する脱臭機能も搭載しています。

空気清浄機、加湿器、除湿器が一台にまとまっているので、複数の家電製品を設置する必要もありません。

春は花粉対策、梅雨や夏は衣類乾燥や湿気対策、冬はウイルス抑制や乾燥対策として1年中活躍する空気清浄機です。

サイズ約41.5×36×69㎝
重量約23kg
対応畳数~32畳
加湿対応畳数プレハブ~18畳、木造:~11畳
加湿・除湿タンク容量加湿タンク:約3L、除湿タンク:約3L

【ダイキン】ストリーマ空気清浄機 MC55Y

空気清浄機能だけで十分な方にはこちらのモデルがおすすめです。

コンパクトかつシンプルなデザインなので、リビングや寝室、一人暮らしなどどんな部屋にも馴染みます。

空気中の花粉を99%以上除去し、気になるウイルスやカビ菌もしっかりと吸い込み抑制。

ニオイをフィルターに吸着させて分解するので、ペットのニオイや生活臭もしっかりと脱臭できます。

ニオイの吸着能力は再生するので脱臭能力が持続するのも嬉しいポイントです。

先述で紹介したMCZ-70Y-Tと同様、JAPOC認証を取得しています。

サイズ約27×27×50㎝
重量約6.8kg
対応畳数~25畳

【シャープ】プラズマクラスターNEXT搭載ハイグレードモデル KI-PX70

シャープ独自の空気浄化技術「プラズマクラスターNEXT」を搭載した空気清浄機です。

プラズマクラスターNEXTは、1㎥あたり50,000個以上とプラズマクラスターのイオン濃度が最も高く、シャープ最高峰の空気浄化力を誇ります。

静電気を帯びた静電HEPAフィルターで花粉はもちろん、より微細な粒子も逃さず集塵。

繊維にしっかり吸着させるので、目詰まりがしにくくなっています。

また3方向制御ルーバーでイオンを送り出しながら、遠くのホコリを引き寄せ、背面全体の大きな吸い込み口からパワフルに吸引。

汚れに合わせて気流を自動で切り替えるので、よりスピーディーに空気を浄化できます。

さらに2枚のフィルターでパワフルに加湿する加湿機能も搭載。

空気清浄だけでなく、加湿機能も欲しい方におすすめの空気清浄機です。

サイズ約39.5×26.5×65㎝
重量約12kg
対応畳数~31畳(プラズマクラスター適用約16畳)
加湿対応畳数プレハブ:~21畳、木造:~12.5畳
加湿タンク容量約3.2L

【アイリスオーヤマ】カラリエ ツインノズル KF-W1

花粉で天日干しできなくても寝具の湿気を除去し、ふんわりした布団で快適に眠ることができます。

立体ノズルで布団の間に空間を作り、温風を隅々まで届けます。

ノズルは2本あるので2枚の布団を同時に乾燥させられ、布団1枚の場合は短時間で乾燥可能です。

約50℃以上をキープするダニ退治モードがあり、天日干しでも退治しきれないダニも退治することができます。

くつ乾燥用アタッチメントも付属してるので、梅雨の時期にも大活躍間違いなしの布団乾燥機です。

サイズ約16.8×19.5×36㎝
重量約2.2kg
布団乾燥時間約60分
ダニ退治モード

【アイリスオーヤマ】強力ふとんクリーナー IC-FAC3

アイリスオーヤマから発売されている布団専用の掃除機です。

毎分約6500回のたたきパッドで布団に潜む花粉やゴミ、ダニをたたき出し、強力に吸引します。

ハウスダストの除去率は98%以上!

ダニちりセンサーを搭載しており、ゴミの量によってランプの色が変わるので、ゴミの取り残しを防ぎます。

また吸引しながら布団を温風乾燥するので、湿気を除去し、ダニの繁殖を予防する効果もあります。

フィルターには使い捨てフィルターが付いており、ゴミと一緒に捨てられるのでお手入れも簡単です。

サイズ約25×45.9×21.2㎝
重量約1.6kg
電源ACコンセント
集塵容量0.2L

【パナソニック】ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX129AL

大風量の風で乾燥させる「はやふわ乾燥ヒートポンプ」で、スピーディーに乾かし、シワを防止します。

特にこのNA-LX129AL/RはナノイーX(衛生ケア)コースを搭載しており、水洗い不可のコートやジャケット、帽子などに付着した花粉を90%以上抑制します。

また液体洗剤、柔軟剤、オシャレ着洗剤のトリプル自動投入を採用。

スマホのアプリから洗濯開始や洗濯終了時刻を設定できるなど、使い勝手も抜群です。

花粉が付着しやすいアウターも手軽に手入れできる洗濯機です。

サイズ約63.9×72.2×106㎝
重量約82kg
容量洗濯脱水:12kg、乾燥:6kg

【日立】衣類乾燥機 DE-N60WV

乾燥機能が付いていない洗濯機をお持ちの方は、衣類乾燥機を取り入れる方法もあります。

日立の衣類乾燥機の乾燥方式はヒーターと風乾燥の2wayです。

通常の衣類はヒーターで素早く乾燥し、熱に弱い衣類は風乾燥など衣類に合わせて乾燥方式を選ぶことができます。

また乾燥終了後、すぐに取り出せなくても5分間隔で送風し、シワを防止する「ふんわりガード」も搭載。

見た目もシンプルで誰でも簡単に操作できるのも特徴です。

サイズ約63×51.6×67㎝
重量約26kg
乾燥容量6kg
毛布乾燥3kg以下
風乾燥1kg以下

【パナソニック】衣類乾燥除湿器 F-YHUX120-H

洗濯乾燥機は高価ですし、衣類乾燥機は置くスペースも必要となります。

そんな方におすすめなのが衣類乾燥除湿機。

除湿しながら上部から出る風で洗濯物をスピーディーに乾かすことができ、花粉で外干しができない時期に便利な家電製品です。

パナソニックの衣類乾燥除湿機はナノイーXで除菌するので、部屋干し特有の生乾き臭を抑制します。

衣類乾燥除湿機にはコンプレッサー式とデシカント方式がありますが、この商品は2つのメリットを合わせたハイブリット式です。

ハイブリット式は気温に左右されないので1年中使用でき、電気代も抑えられます。

花粉の時期はもちろん、梅雨や夏の湿気対策や冬の結露・カビ防止にも役立つ衣類乾燥除湿機です。

サイズ約37×22.5×58.3㎝
重量約13.9kg
除湿可能面積25畳
除湿方式ハイブリット式
衣類乾燥時間の目安約75分
タンク容量約3.2L

【iRobot】ブラーバジェットm6

ロボット掃除機「ルンバ」で人気のiRobotから発売されている床拭きロボットです。

四角い形状が壁の隅にもフィットし、床に落ちた花粉を隅々までキレイに拭き取ります。

ベタつきや汚れがひどい箇所は、先端に搭載されたジェットスプレーで汚れを浮かせるので、キッチンの油汚れも落とすことが可能です。

またブラーバジェットm6には学習機能が搭載されており、部屋の環境を学習、記憶するのでより効率的な拭き掃除を実現します。

段差や障害物検知機能を搭載しているので、カーペットに乗り上げたり階段から落下したりする心配もありません。

専用のアプリをインストールすれば、外出先からでも操作でき、侵入禁止エリアもアプリから設定可能。

楽に拭き掃除をしたい方におすすめの家電製品です。

サイズ約25.2×27×9㎝
重量約2.2kg
充電時間約3時間
最大稼働面積60畳

【ダイニチ】加湿器HD-RX700A

出典:Amazon

気化式と温風気化式を組み合わせたハイブリット式の加湿器です。

部屋が乾燥しているときはヒーターを用いてパワフルに加湿し、ある程度加湿できたら省エネな気化式に切り替えて運転します。

湿度は50%、60%、70%の3段階で設定でき、その他にも静音モードやecoモード、のど・肌モード、ターボモード、おやすみ快適モードなどさまざまなモードを搭載。

使うシーンに合わせてモードを選択できるのが嬉しいポイントです。

また広口タンクやフラットトレイ採用で、お手入れもしやすくなっています。

高機能な加湿器をお探しの方におすすめです。

サイズ約37.5×21×37.5㎝
重量約5.1kg
対応畳数プレハブ洋室:~19畳、木造和室:~12畳
加湿方式ハイブリット式
タンク容量6.3L
【送料無料】【日本製】 ダイニチ 加湿器 ハイブリッド加湿器 HD-RX700A(T) おしゃれなデザイン 木造12畳 プレハブ19畳 【RCP】 DAINICHI プレミアムブラウン HD-RX700A-T

家電製品を活用して花粉対策を行いましょう!

以上、花粉対策におすすめの家電製品10選と花粉対策のポイントを紹介いたしました。

帰宅時は服に付着した花粉を払い落し、洗濯物や布団の外干しも控え、家に花粉を持ち込まないことが大切です。

しかし気を付けていても、花粉の侵入を完全に防ぐことはできません。

家に入ってしまった花粉は、こまめな掃除や洗濯、空気清浄機などで除去するようにしましょう。

まだまだ乾燥も気になる時期なので、加湿器を用いて肌やのどを保護するのも大切です。

今回紹介したポイントや家電製品をうまく活用して、辛い花粉の時期を少しでも快適に乗り越えましょう!