RIVER mini使用レビュー!その評価や感想は!?キャンプや車中泊におすすめ!?【EcoFlow】

今回はEcoFlowから新たに発売されたRIVER miniの実機をレビューいたします!

RIVER miniはおすすめなの?

RIVER miniはキャンプや車中泊に使えるの?

そんな疑問を解決できるように、しっかりと解説していきます!

RIVER miniのココがすごい!その魅力を解説!

まずはRIVER miniの特にここがすごい!というポイントを紹介いたします。

他のポータブル電源と比較してどのような点が優れているのかをわかりやすく解説!

X-Stream技術で1時間で80%、1.5時間でフル充電!

EcoFlowのポータブル電源ではお馴染みの高速充電機能であるX-Stream技術が搭載されており、約1時間で80%、1.5時間でフル充電することができます。

「充電を忘れていた」なんて場合でもすぐにフル充電することができ、使用できるのが大きな魅力です。

一般的に、RIVERminiと同程度の電気容量のポータブル電源を充電するには2〜3時間程度かかるので、他社製品よりも充電速度が優れていることがわかります。

充電コード自体にアダプター等は付いておらず、かさばらないため収納性が高いのも嬉しいポイントです。

X-Boost機能で最大600Wまでの電化製品を使用可能!

X-Boost機能が搭載されており、コンパクトなモデルにもかかわらず最大瞬間600Wまでの電化製品を使用することができます

通常はこのサイズのポータブル電源だと出力が200〜300Wのモデルが多いため、最大600Wの出力は非常に優れていることがわかります。

出力が大きいと、消費電力が大きい家電製品動かすことができるというメリットがあるため、使用の幅も大きく広がります。

小さな本体でもパワフルに使用できるのがこの製品の大きな魅力です。

小型なのに豊富な出力ポート!

RIVER miniは合計8つもの出力ポートを備えています。(※ワイヤレスタイプの場合)

複数のデバイスを同時に充電することができるので、グループでの使用にも最適です。

「キャンプでみんなで同時にスマートフォンを充電したい」そんなシーンで大活躍するポータブル電源です。

RIVER miniのスペックを解説!

次にRIVER miniのスペックを初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説していきます。

外観

外観は上の写真の通りとなります。

前面には液晶パネルや、電源ボタン、出力ポート、側面にはACポートや充電ポート、空冷ファンが配置されています。

背面には窪みがあり、片手でも持ち運びやすいような形状となっています。

艶のあるブラックカラーがカッコよく、使用していても目立ちすぎないので様々なシーンで活用できるデザインとなっています。

電気容量

RIVER miniの電気容量は210Whと比較的容量が小さいモデルで、家電製品の使用目安は上の画像の通りです。

目安としてiphoneを14回ほど充電することができるので、短期間のキャンプや旅行に最適です。

家電製品をどの程度使用できるかよくわからない…という方は以下の計算方法で求めることができます。

家電製品の使用目安計算方法
①電気容量(Wh)÷家電製品の消費電力(W)×電気ロス0.8=使用時間(h)
②電気容量(Wh)÷1回の充電に必要な電気容量(wh)×電気ロス0.8=充電回数

例えば消費電力100W電気毛布の使用時間目安を知りたい場合は①の式を用います。

電気容量210Wh÷電気毛布の消費電力100W×0.8=1.68≒1.7時間」となります。

また、iphoneのように充電するタイプは②の式を用います。

電気容量210Wh÷iphone充電で消費する電気容量11.97Wh×0.8=14回」と計算することができます。

初心者の方はご自身が使用する家電製品の消費電力を調べて、RIVER miniでどの程度使用できるのかを事前に調べることをおすすめいたします。

本体サイズ・重量

本体サイズは24.9×14.0×13.3cmとコンパクトで、片手で持ち上げることのできるサイズ感となっています。

テントや車の中に置いていても邪魔にならないサイズで、気軽にアウトドアシーンに持っていくことができます。

EcoFlowのポータブル電源EFDELTAと比較しても、非常にコンパクトであることがお分かりいただけると思います。

また、重量は約2.8㎏で、軽くて持ち運びしやすい重量感です。

気軽に持ち運べるので車の中やキャンプ、家の中でも好きな場所で電気を使用することができます。

カバンの中に入れた場合はやや重量感があるので、登山やハイキングなどの長距離の持ち運びにはあまりおすすめできません。

出力ポート

出力ポートはコンパクトなサイズにもかかわらず8つも搭載されています。

出力ポート
ACポート×2、USB-A×3、USB-C×1、DC×1、ワイヤレス充電×1(※ワイヤレスタイプのみ)

ACポート(家庭用コンセント)

家庭用のコンセントで使用機会の多いACポートは2つ搭載されています。

定格出力は300Wで、瞬間的には最大600Wまで使用可能です。

携帯電話やパソコンの充電はもちろんのこと、電気毛布やヘアアイロンなどの消費電力の大きい家電製品も使用することができます。

ワイヤレス充電

RIVER miniのワイヤレスタイプにはワイヤレス充電機能が搭載されています。(※通常タイプには搭載されていません)

充電ケーブルが無い場合でも充電することができます。

筆者は携帯を使用しない時は常にワイヤレス充電の上に置くので、外出先での充電切れにも悩まされなくなりました。

配線の煩わしさが無いのも嬉しいポイントですね。

ケースをつけたままでも充電することができました。

外出先で充電ケーブルを忘れた時にも充電できるので安心です!

USB出力

【USB-C】

USB-C出力は1口搭載されており、100Wでの充電が可能です。

Type-C USBはApple製品で採用されている形式のため、MacやiPadとの相性も抜群です。

【USB-A】

USB-Aはいわゆる一般的なUSBポートです。

USB-Aは3口搭載されており、複数台のスマートフォンを同時に充電することが可能です。

ACポートと同じくらい使用頻度の高い出力ポートなので、3口搭載されているのは嬉しいポイントです。

DC出力(シガーソケット)

カー用品を動かすのに便利なシガーソケットも搭載されています。

充電時間・方法

RIVER miniは「AC、ソーラーパネル、シガーソケット」からの3種類の充電方法が可能です。

AC充電

「X-Stream充電テクノロジー」によって、充電時間は1時間で80%、フル充電は約1.5時間程度と業界最速の充電速度を誇ります。

コンセントでの充電は付属のX-Stream充電ケーブルを本体に接続し、コンセントに差し込むだけで、簡単に超高速充電を行うことができます。

実際に充電にかかる時間を計測してみたところ、充電開始後1時間で81%まで充電が完了していました。

充電開始から1時間40分が経過した時点で、充電が完了しました

この充電速度は何度やっても感動ものです!

シガーソケット

シガーソケットからの充電も可能で、充電速度は100W程度なので、約2.5時間前後でフル充電できる計算となります。

車中泊での使用を考えている方は、移動中に充電することができるので非常に便利な充電方式です。

ソーラーパネル

RIVER miniはソーラーパネルの充電にも対応しています。

ソーラーパネルと専用のケーブルを接続し、本体に差し込むだけで簡単に充電することができるので、初めての方でも簡単にソーラー発電を行うことができます。

EcoFlowのソーラーパネルは発電量が85、110、160、400Wの4種類あり、発電量が大きいほど短時間でポータブル電源を充電することができます。

一方で発電量が大きくなるとソーラーパネルのサイズも大きくなるため、ご自身の使い方によって適切なソーラーパネルを選ぶ必要があります。

目安として110Wのソーラーパネルで2.6〜5.2時間、160Wで2〜4時間程度で満充電にすることができます。

液晶パネル

液晶パネルは大画面で、バッテリーの状態が一目でわかるようになっています。

バッテリー残量はもちろんのこと、充電にかかる時間や使用電力のW数、何時間家電家電製品を動かすことができるのかもリアルタイムで表示されます。

初心者の方でも非常にわかりやすい液晶パネルです。

サイクル数

サイクル数はバッテリー容量が80%に低下するまで500回程度となります。

500回を超えると全く使用することができなくなるというわけではないためご安心ください。

RIVER miniで様々な家電製品を動かしてみた!

どのような家電製品を動かすことができるのか実際に検証を行いました!

パソコン

パソコンの充電はもちろん問題なく行うことができました。

他にもスマホやカメラの充電、LEDライトなどの使用も可能です。

お家や外出先でコンセントがない場合でも好きな場所でパソコン作業を行うことができます。

テレビ

テレビも問題なく使用することができました!

RIVER miniは停電時にいち早く情報を手に入れたい時にも活躍します。

電気毛布

電気毛布は消費電力59Wと表示され、問題なく使用することができました。

しかし、この消費電力だと2時間前後しか使用することができないため、長時間使用したい方はもう少し電気容量の大きなモデルを選ぶことをおすすめいたします。

電子ケトル

電子ケトルは消費電力が大きく動かすことができませんでした。

このようにドライヤーや電子ケトル、電子レンジなどは起動時に1000W近い消費電力を必要とするため、使用することができません。

このような製品を使用したい方はDELTAシリーズのように1200W以上の消費電力にも耐えられるモデルを購入することをおすすめいたします。

RIVER miniはキャンプや車中泊に適している!?

RIVER miniはキャンプや車中泊に適しているのでしょうか?

結論から述べると「日帰りや1泊2日程度の短期間でのアウトドアに適している」と感じました。

キャンプや車中泊で主に電気を使用するのは携帯電話の充電やLEDライトだと思います。

例えば、携帯電話を2回充電、LEDライトを8時間使用すると消費する消費電力の合計目安は約100W程度となり、RIVER miniの半分の容量を消費することとなります。

これを考慮すると短期間のアウトドアに適していると言えます。

長期間の車中泊やキャンプに使用したい方や、電気毛布などの消費電力の大きな家電製品を使用したいという方は容量や出力の大きいDELTAシリーズのポータブル電源を選ぶことをおすすめいたします。

RIVER miniを使用して良かった点・気になった点

次にRIVER miniを実際に使用して良かった点・気になった点を紹介いたします。

是非購入時の参考にしてください。

良かった点

良かった点

・とにかく充電速度が速い
・コンパクトで使い勝手が良い

やはり使用して最も良いと感じた点は充電速度の速さです。

小型で1.5時間でフル充電できるポータブル電源はEcoFlowの製品以外ではほとんど見られないため、大きなメリットと言えます。

高速充電機能だけを見ても、EcoFlow製のポータブル電源を選ぶ大きな理由になると思います。

また、コンパクトで使い勝手の良さもしっかりと感じられました。

デスクの上から、車中泊やキャンプなど本当に様々なシーンで役立つポータブル電源です。

コンパクトで場所を取らないので、車に常備しておいても邪魔になりません。

電気容量の大きなポータブル電源は持ち運びが大変なので、コンパクトさを活かして様々なシーンで使用してください!

気になった点

気になった点
・ファンの音
・サイクル数が少ない

気になった1点目としてはファンの音が挙げられました。

使用電力が大きい場合は冷却ファンが回転するのですが、神経質な方はその音が気になるかもしれません。

また、2点目としてはサイクル数が少ない点です。

RIVER miniは電気容量の小さいポータブル電源なので、大きなポータブル電源と比較して、1サイクルのスパンが短いです。

毎日使用するような方は2年前後でバッテリーの容量が80%程度になってしまう可能性があります。

小型のポータブル電源はサイクル数の影響を受けやすいため、気になった点として挙げました。

RIVER miniはこんな人におすすめ、おすすめできない

RIVER miniをおすすめできる方、できない方をまとめました。

ご自身がどのようなシーンで使用する機会が多いかを考慮に入れて、適切なモデルを選びましょう!

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・当日や1泊2日など短期間の車中泊やキャンプ
・停電時に携帯電話を充電するための備え
・ノマドワーカーなど外出先で充電する機会が多い人

RIVER miniがおすすめのシーンとしては上記が挙げられました。

電気容量の大きなモデルでは無いので、基本的には携帯やパソコン、カメラの充電やLEDライトの使用など使用に適しています。

短期間の車中泊やキャンプ、停電などのシーンでは十分に活躍する製品です。

また、軽量で持ち運びもしやすいため、外出先で作業する機会の多いノマドワーカーの方にもおすすめだと思います。

電源のない場所でも、充電切れの心配なくしっかりと仕事をすることができます。

おすすめできない

ここにタイトル
・長期間の車中泊やキャンプ
・ドライヤーや電子レンジなど消費電力の大きな家電製品を使用したい人

RIVER miniはコンパクトが魅力の製品なので、電気をたっぷりと使用したい方や消費電力が大きい家電製品を使用したい方にはおすすめできません。

そのような方には電気容量と出力が大きいDELTAシリーズのポータブル電源をおすすめいたします。

RIVER miniを様々なシーンで活用しましょう!

以上、今回はRIVER miniを実際に使用した様子や、スペックを紹介いたしました。

コンパクトなボディにハイスペックな機能が詰まったおすすめのモデルです。

気軽に持ち運べるので、アウトドアやビジネスシーン、災害時にも役に立つポータブル電源です。

ポータブル電源の購入を考えている方は是非今回の記事を参考に、ご自身にあったポータブル電源を購入してください。

EcoFlowの公式サイトは以下のリンクからご覧ください↓↓↓

https://jp.ecoflow.com/

RIVER miniのポイントおさらい
・約1.5時間でフル充電の高速スピード
・最大600Wの高出力
・8つの豊富な出力ポート
・コンパクトで持ち運びしやすいサイズ感
ECOFLOW(エコフロー)とはどんなメーカー!?本社は?評判は?ECOFLOW(エコフロー)製ポータブル電源を詳しく紹介! 最強ポータブル電源!?「EFDELATA(イーエフデルタ)」の実機レビュー!電子レンジも動かせる! 【RIVER600 MAX】実機レビュー!実際に使用した感想や評価は!?【EcoFlow】 Makuakeで話題!RIVER600 PRO実機レビュー!実際に使用した感想や評価は?【EcoFlow】 EcoFlow(エコフロー)製ポータブル電源RIVER600シリーズを徹底解説!それぞれのモデルの違いや選び方は!? 【実機レビュー】DELTA miniはキャンプや車中泊におすすめなポータブル電源!その使い勝手やスペックを解説!電子レンジは使える!?