冬キャンプにおすすめの電気毛布5選!オシャレなモデルや家族で使える大きなモデルを紹介

車中泊や冬キャンプで使える電気毛布を探している

冬キャンプで底冷えしてぐっすり眠れない

ここ数年のキャンプブームで、オフシーズンと思われていた冬でさえキャンプを楽しむ人が増加しています。さらにコロナ禍で密を避けられるアウトドアとしてブームは加速するばかりです。

とはいっても、冬キャンプの一番の敵は「底冷え」。

底冷えを防ぐためには万全な対策が必要です。対策が不十分だと凍えて一晩中眠れないといったことも。そのため、まずは冬用テントやシュラフ、コット、電気毛布などで地面からの冷えをダイレクトに受けない工夫が必須です。

そこで今回は、冬キャンプにおすすめの電気毛布5選!オシャレなモデルや家族で使える大きなモデルをご紹介します。電気毛布のメリットを知って冬キャンプに最適な電気毛布を選びましょう!

冬キャンプの寒さ対策のポイントは底冷えを防ぐこと!底冷え対策には電気毛布がおすすめ!

冬キャンプの寒さ対策として電気毛布をおすすめする理由は、その特徴にあります。

セット内容
特徴1 自分に合った温度調節ができる
特徴2 ポータブル電源やUSBモバイルバッテリーが使える
特徴3 消費電力が少ない
特徴4 コンパクトに持ち運びできる

底冷えを防ぐには電気毛布が効果的です。とくに冷え込む夜中から早朝にかけて寒さを感じ、気になって眠りが浅くなる場合があります。

そんなとき、体温や周囲の気温に合わせて温度調節ができるだけでなく、なかにはセンサーで温度を感知し自動で温度を設定してくれる電気毛布がおすすめです。電気毛布があるだけでかなりの防寒対策になります。

また、シュラフや毛布で対策しても「なんとなく背中が冷たい気がする…」といった経験はありませんか?まるで地面に体温が奪われていくような感覚です。その場合、シュラフの下に電気毛布を敷くだけで劇的に底冷えを防ぐことができます。さらに、電気毛布は消費電力が低いのに十分なあたたかさを数時間保つことができます。冬キャンプだけでなく冬季のアウトドアシーンには欠かせないアイテムです。

冬キャンプに適した電気毛布の選び方

冬キャンプでの防寒対策として必須な電気毛布。

さまざまなアイテムがあるためどんな基準で選んだらいいの?と思っている方も多いはず。次に、冬キャンプに適した電気毛布の選び方についてポイントを4つご紹介します。

給電方式

電気毛布は、ほとんどのポータブル電源が使用できるため安心です。

大容量のモバイルバッテリーがあれば電源なしサイトでも使えます。

キャンプや車中泊、災害時など電気の確保に困りません。また、充電式の電気毛布はコンセントの有無を気にせず使えるので便利です。

ポータブル電源で電気毛布を使用できるか検証した記事は以下をご覧ください↓↓↓

電気毛布の消費電力は?ポータブル電源で何時間使用できるか実際に検証してみた!

サイズ

電気毛布のサイズは、大きく分けて掛ける、敷く、掛け敷き両用の3タイプがあります。

掛けるタイプは肩から羽織ったり膝の上に掛けたりするので横幅が広めなもの、敷くタイプは横になって使うため縦が長いのが特徴です。掛け敷き両用は縦の長さや横の幅も大きくどちらのシーンにも対応できるようになっています。

メーカーによってもサイズのバリエーションが異なるため使用するシーンに合ったサイズを選びましょう。

消費電力

電気毛布は、消費電力が少なく省エネな暖房アイテムです。

電気毛布のモデルによりますが、「強」で平均31Whほど、「弱」で3Whしか電力を使用しないため、モバイルバッテリーでも十分なあたたかさをキープできます。(※平均のW数のため、瞬間的には100W前後の消費電力が発生する場合があります)

また、電気毛布は中の熱線をあたためて表面温度が上がる仕組みです。そのため、熱が逃げにくく少ない電力で十分な温度を保つことができます。電気毛布が1枚あれば寒さ知らずのアイテムとして重宝します。

洗えるかどうか

電気毛布のほとんどは自宅で洗えますが、手洗いしなければいけないものと洗濯機で丸洗いできるものがあります。リモコン部分を取り外して丸洗いできる方が手間もかかりません。

ただし、ドラム式洗濯機は洗濯物をたたきつけるように洗うのが特徴のため内部のヒーターやコネクタ部分が壊れる原因になります。

縦型の洗濯機でネットに入れて手洗いモードでやさしく洗いましょう。キャンプや車中泊などで使用する毛布は屋内で使用するよりも汚れやすいため洗えるかどうかは要チェックです。

冬キャンプにおすすめの電気毛布5選!

Cozy fluffy comfy blanket

これまでは、電気毛布の選び方や実際に使用した感じをご紹介しました。

次は、電気毛布のオシャレなモデルや家族で使える大きなモデルなど人気商品をご紹介します。

アイリスオーヤマ:電気毛布 

出典:amazon

アイリスオーヤマのオシャレなチェック柄の電気毛布です。

ひざ掛けに便利なサイズで、就寝時には足元をぽかぽかに温めてくれます。掛ける、羽織る、敷く、多用途で使いたい方におすすめです。

サイズ幅約120㎝ × 奥行約80㎝
電源AC100V (50/60Hz共用)
消費電力55W
洗濯手洗いのみ
機能室温センサー、ダニ退治

コイズミ:電気毛布 

出典:rakuten

家電商品を手掛けるコイズミの定番とも言える電気毛布です。

100V仕様の発熱線で安定感バツグンなあたたかさ。繊維に防臭加工が施されているためニオイや細菌の増殖をおさえます。

サイズ130×80cm
重量(kg)0.7
消費電力40W
電源AC100 50/60Hz
洗濯丸洗い

山善:ふわふわもこもこ 電気掛・敷毛布

出典:amazon

フランネル素材で肌触りふわふわ!温度調節やダニ退治機能、室温センサーが付いているため早朝の冷え込みをキャッチし自動で高めの温度に調節してくれる高機能がポイント。掛け敷き両用で使えるゆったりサイズなのでご家族でのキャンプにおすすめです。

サイズ縦188×横130cm
重量0.76kg
消費電力75W
表面温度(目安)弱=約21℃、適温=約33℃、強=約53℃
機能ダニ退治、自動温度調節

ロゴス(LOGOS):ヒートユニット

出典:rakuten

キャンプ用品を扱うロゴスの電気毛布です。キャンプ用ということもあり裏面には防水加工が施されていたり、収納袋付きです。安全タイマー機能搭載で消し忘れも防げるため安心して使えます。

サイズ幅72 ×長さ118cm
重量580g
電源USB(5V 2A)
消費電力量4,400mAhで高温2時間、中温3時間、低温6時間
機能自動電源OFFタイマー

singway:電気毛布

出典:amazon

厚手でふんわりとした心地よい肌触り、毛玉も出にくくあったかさ抜群!局所的に熱くなったら自動で電源が切れるようになっています。また、冬は電気毛布として、春と秋は普通の毛布として使用できます。キャンプデビューするお友達や家族へのプレゼントにも喜ばれそうです。

サイズ縦160㎝×横130㎝
機能9階段温度調節、ダニ退治、タイマー
洗濯洗濯機洗い

電気毛布で冬のキャンプを快適に過ごしましょう!

今回は冬キャンプにおすすめの電気毛布5選!オシャレなモデルや家族で使える大きなモデルをご紹介しました。冬キャンプには底冷え対策として電気毛布が効果的です。

自分に合った温度調節で快適なあたたかさを保ってくれたり、汚れが気になったときは、ほとんどの製品が手洗いできるだけでなく洗濯機で洗えるため衛生面でも安心です。

さらに、他の暖房器具と比べて消費電力が少なくしっかり暖をとれる優れもの。

雪遊び、焚火、あたたかい食事、澄み切った空気、満天の星…。

寒さに負けないほど冬キャンプには魅力がたくさん。

今回の記事を参考に冬キャンプを快適に過ごしましょう!

【2021】最新おすすめ電気毛布10選!人気の洗えるモデルやタイマー付き、電磁波カットモデルなどを紹介! 電磁波カットの電気毛布おすすめ5選!電磁波の影響は?電磁波カットの効果を解説! 日本製おすすめ電気毛布10選!日本製のメリットや電気代の目安も徹底解説! 【2021】最新おすすめ電気毛布10選!選び方や電気代の目安も徹底解説! 電気毛布は洗濯できる!?洗える電気毛布をまとめて紹介! 【2021最新版】冬の車中泊やキャンプにおすすめの電気毛布12選!電気毛布の消費電力や選び方、ポータブル電源で動かせるか徹底解説!