最強の電熱ベストは!?おすすめの電熱ベストと選び方を解説!

電熱ベストは、冬のアウトドアだけでなく屋外で仕事をしている人にも人気があり、今や冬の防寒必須アイテムになりつつあります。

スノーレジャーや、バイクのツーリング、屋外での仕事、室内作業など、多くの用途で使用されています。

さまざまな用途に使用できますが、なるべく使う場面に合わせた電熱ベストを選びたいですよね。

ですが、さまざまな商品が出ているので、どの電熱ベストを選んだらいいのか迷う人もいると思います。

そこで今回は、筆者がオススメする最強の電熱ベストと、電熱ベストの選び方をご紹介します。

電熱ベストの選び方

まずは電熱ベストの選び方をご紹介していきます。

使う用途によって、求める機能も変わってきます。

自分が使うシーンを思い浮かべて、用途にあった電熱ベストを選びましょう。

電熱パッドの位置で選ぶ

電熱ベストを選ぶうえで、一番注目をしておきたい部分です。

商品によっては「温かい部分(電熱パッド)」の位置が違います。

【電熱パッドの位置の例】

・胸元2ヶ所+背中の肩部分2か所

・お腹の近く2ヶ所+背中に数か所

商品によっては、電熱パッドの数や位置が変わってきます。

それによって、モバイルバッテリーの消費量や温かさも変わってきます。

このようにモデルによって様々な位置に電極パッドがあり、どれが良いのか迷う方も多いと思います。

そこでまず考えるべきなのが「お腹と背中側どちらかor両方に電極パッドが欲しいか」です。

寒さが厳しい場所での使用や、お腹を暖めたい方はお腹部分に電極パッドがあるモデルをおすすめいたします

その理由として、電熱ベストは電熱パッドの位置が集中的に暖かくなるため、パッドの位置が背中のみだと、お腹部分の効果を実感しにくいためです。

バッテリーの電気容量や何時間使用したいかとの兼ね合いもありますが、個人的には電気消費量が多くてもお腹側に電熱パッドがあるモデルをおすすめいたします。

このように、電熱ベストを使う時に、必要だと思う電熱パッドの位置をよく考えて選びましょう。

撥水性をチェック

商品によっては、撥水加工されている商品もあります。

屋外での作業が多い場合やアウターとして着用する場合は、撥水加工されている電熱ベストを選んだ方がいいでしょう。

撥水加工されていれば、汚れが落としやすいという利点もあります。

ただし、インナーとして上着の下に着る場合は、撥水加工は必要ありません。

どのような状況で電熱ベストを使うかを考えて、購入するようにした方がいいでしょう。

サイズ感で選ぶ

電熱パッドの効果を実感するためには、身体にぴったりフィットする電熱ベストがおすすめです。

電熱パッドの効果を最大限活かすには、肌にパッドが常に触れている状態が理想です。

電熱ベストの販売ページにサイズ表が出ていますので、サイズ表をよく見ながら自分にあったサイズ(ややぴったりめ)のものを選ぶことをおすすめします。

外気が入らないように、なるべく身体にフィットしたものをオススメしますが、逆にフィットしすぎてキツイということもあります。

「ちょっとお腹が太ったかな?」という場合や、電熱ベストの下に重ね着をして着用する場合(アウターとして着用)は、多少ゆとりがあった方がいいでしょう。

これもどのような状況(インナーかアウター)で使うかによりますので、よく使うシーンを考えてから、サイズを選びましょう。

使えるモバイルバッテリーで選ぶ

電熱ベストによっては、専用のモバイルバッテリーが付属している場合もあります。

その場合、モバイルバッテリーは自分で用意する必要はありません。

ですが筆者が知る限りですが、たいていの電熱ベストはモバイルバッテリーが別売りとなっています。

その場合は、自分でモバイルバッテリーを用意する必要があります。

モバイルバッテリーを選ぶ時も「自分がどのくらいの時間、電熱ベストを着用するか」を考えて、バッテリーの容量にも注目してください。

バッテリーの容量=使用できる時間と考た方がいいでしょう。

モバイルバッテリーは、電熱ベストのポケットに収納しますので、コンパクトで薄型のモバイルバッテリーをオススメします。

例外もありますが、電熱ベストのケーブルは、たいてい「USB対応」になっています。

USBで接続できるモバイルバッテリーならば、どのモバイルバッテリーでも使用することができます。

電熱ベストを購入する時は、必ずケーブルの端子も確認しておきましょう

また、モバイルバッテリーは基本的に電熱ベストのポケットに収納するため、ポケットに入るサイズである必要があります。

筆者が持っている中国製の電熱ベストのポケットのサイズは8×8cmとなっています。

このサイズを目安にモバイルバッテリーを選びましょう。

電熱ベストのモバイルバッテリーに関して詳しく解説した記事は以下をご覧ください↓↓↓

電熱ベストにおすすめのモバイルバッテリーは?選び方や人気のモデルを紹介!

洗濯可能かどうか

電熱ベストは、洗濯機使用可能のものや手洗い可能のものもあります。

ですが商品によっては、「洗濯不可、汚れた場合はふき取りのみ」という商品もあります。

寒い季節には、とても活躍する電熱ベストですが、暖かい季節には出番はありません。

「この冬だけの使い切り」と、割り切るならば洗濯不可でも問題はないでしょう。

ですが、長く使いたい・清潔な状態で保存しておきたい場合は、洗濯ができる電熱ベストを選んだ方がいいですね。

最強の電熱ベストは?シーン別に厳選!

いろいろな電熱ベストが販売されていますが、筆者が思うそれぞれの最強の電熱ベストをご紹介します。

筆者は、他にも「ワークマンやカインズホームの電熱ベスト」を紹介してきました。

ワークマンやカインズホームの電熱ベストも、とても良い電熱ベストです。

ですが店舗が近くに無い場合や、店舗に行くことができても「品切れ」の場合もあります。

それだけ人気があるということの証明でもありますが、これから下記で紹介していく電熱ベストは「なるべく入手しやすい最強の電熱ベスト」を紹介したいと思います。

皆さんの、使用する用途やシーンに合わせて選んでくださいね。

熱さ最強はこれ!「Andeor超軽量進化版 電熱ベスト」

熱さの最強は、この電熱ベストだと思います!

なんと電熱パッドが13ヶ所もありますし、含有率90%のダウンで作られています。

ダウンの特徴でもありますが、とても「軽い」ということもあり、着心地も良いです。

電熱パッドが13ヶ所もあると上記で触れていますが、部位ごとに温度調節も可能です。

「ちょっと熱いな」と感じたら、部位ごとに温度を下げることができるので、いろいろな場面で使うことができますね。

モバイルバッテリーは別売りです。

サイズ男女兼用(M・L・XL・2XL・3XL・4XL)
加熱エリア13ヶ所
動作電圧電流5V/2A以上のモバイルバッテリーを使用
バッテリー収納場所USB電源用ポケットあり
温度調整可能(赤:高(65℃)・青:中(55℃)・グレー:低い(45℃))
洗濯手洗い・洗濯機使用可能(洗濯機の場合は、洗濯ネットを使用・洗濯前にUSBケーブルの保護キャップを閉めてください)

コスパ最強はこれ!「AIRFRICの電熱ベスト洗濯ネット・バッテリー付き」

筆者が調査した限り、コスパが最強であった電熱ベストがこちらです。

電熱ベストと洗濯ネット・モバイルバッテリーがセットになっています。

それぞれを別で購入することもできますが、モバイルバッテリーを持っていない場合には、セットになっている方が買いやすいと思います。

モバイルバッテリーを、別に用意しなくても大丈夫という利点があります。

バッテリーが付いていてもリーズナブルなお値段ですので、コスパが最強ではないかなと思いました。

ファスナーで前を閉めるベストタイプの電熱ベストです。

首もとがすっきりしているタイプですので、首回りが詰まった感覚が苦手な人におすすめです。

5ヶ所に電熱パッドが付いていますし、温度も3段階に調節できます。

サイズ男女兼用のスリムタイプ(S・M・L・XL・2XL・3XL)
加熱エリア5ヶ所
動作電圧電流5V/2A以上のモバイルバッテリーを使用
バッテリー収納場所USB電源用ポケットあり
温度調整可能(赤:高温(約65℃)・白:中温(約55℃)・青:低温(約45℃))
洗濯手洗い・洗濯機使用可能(洗濯機の場合は、洗濯ネットを使用)

人気最強はこれ!「Wantbuyの電熱ベスト【2020最新版 分別温度設定】」

人気で最強の商品は、超軽量の電熱ベストで、7ヶ所の加熱エリアがあります。

電熱パッドの数も「少なすぎず、多すぎず」という丁度いいカンジの電熱ベストです。

オールマイティな用途で使用ができる電熱ベストです。

温度も三段階に調節可能なので「熱すぎる・温まらない」ということはありません。

男女兼用のスリムタイプですので、下に重ね着をする場合は、一つ大きめのサイズを購入した方がいいかもしれません。

モバイルバッテリーは別売りです。

サイズ男女兼用のスリムタイプ(M・L・XL・XXL)
加熱エリア7ヶ所
動作電圧電流5V/2A以上のモバイルバッテリーを使用
バッテリー収納場所左側のポケットにUSBケーブルがあります
温度調整可能(赤色:70℃・白色:60℃・青色:50℃)
洗濯手洗い・洗濯機使用可能(洗濯機を使用する場合は洗濯ネットを使用してください。ドライクリーニング不可・洗濯前にモバイルバッテリーを外して、USBケーブルをポケットに入れてください)

【まとめ】自身にあった最強の電熱ベストを選びましょう!

以上、今回は最強の電熱ベストの紹介と、電熱ベストの選び方を解説しました。

電熱ベストは、電熱パッドの数や位置によって温かさが変わってきます。

・バイクツーリング

・雪山でスノーボード

・ガレージで軽作業

・屋外での仕事

など、使用する用途によって、電熱ベストを選ぶ基準も変わってきます。

ご自身が主に使用するシーンをよく考えて、今回の記事を参考に適切な電熱ベストを選びましょう!

最後になりましたが、電熱ベストは電化製品になります。

電熱ベストを着用中に、発火や火傷の恐れもありますので、電熱ベストから異音や異臭・異常な発熱を感じた時は、速やかに使用を中止して安全に配慮してくださいね。

厳しい冬の屋外での作業も、電熱ベストを着用して寒さを乗り切りましょう。

日本製の電熱ベスト7選!ワークマンやカインズなど、人気の電熱ベストをご紹介! 【2020モデル】WORKMAN(ワークマン)の電熱ベストWind Core(ウインドコア)使用レビュー!その暖かさや感想は!? 電熱ベストにおすすめのモバイルバッテリーは?選び方や人気のモデルを紹介! 人気の電熱ベスト(ヒーターベスト)5選!電熱ベストの選び方や実際に使用した感想を紹介いたします。